サイト内検索
CLOSE

プロジェクト

人工知能による仏顔の様式解析とその系譜に関する研究Study on Analysis and Genealogy of Face Style of Buddha Images by Artificial Intelligence

期間:2017.10.01 〜 2022.10.01

仏像の顔、「仏顔」に焦点をあて、地域や時代、作者毎の様式の特色を画像や3次元形状データを元に統計的、機械学習的アプローチによって解析し、仏顔の系譜を構築する。これは、既存の美術史家の経験知によるものではなく、データから得られる形式知に基づく様式判断を実現するものであり、仏像研究のグローバル化を促進させるとともに、シルクロードにおける仏顔の系譜を跡づけることにより、アジアにおける文化の伝播について新たな視座を得ることができる。

 

 

これまで

・様式判断は、美術史家の経験知によるもので、主観や曖昧性がともなう

・仏顔の解析には3次元形状が有用である一方、このようなデータは収集されていない

 

データビリティフロンティア

・美術史学の様式研究のためのデータサイエンスによる客観的な判断手法の研究開発

・2次元画像から3次元形状の推定による仏顔データの拡張

・統計的・機械学習的手法によるグループ化・体系化

 

期待される効果

・経験知ではなく形式知による様式判断で、美術史研究をグローバル化

・シルクロードの仏像の様式体系や時代毎の仏像の様式変化を明らかに

ページTOPへ戻る