データ基本方針

データマネジメントに係る基本方針

令和元年11月1日
ライフデザインイノベーション研究拠点
データガバナンス専門委員会
情報セキュリティ専門委員会

研究拠点の研究プロジェクト及びグランドチャレンジ採択プロジェクト(以下、これらをまとめて「iLDiプロジェクト」と呼ぶ)において研究や事業に従事する方々が遵守すべき、iLDiプロジェクトで取得あるいは利用するデータ(加工等が施されたデータを含む)の取り扱いのルールとして「データマネジメントに係る基本方針」を定めました。 適用範囲は、データの取得からPLR(パーソナル・ライフ・レコード)基盤への提供までです。「データマネジメントに係る基本方針」の下に、セキュリティ編、倫理編、利活用編の3つの「データポリシー」を策定しており、これらの文書は今後も、必要に応じて更新されます。
研究から商業二次利用まで、データマネジメントを着実に実施するため、本基本方針に関する確認書、データマネジメントプラン、及びセキュリティチェックリストを提出するとともに、倫理審査時の事前相談、事後報告を実施することとします。

* セキュリティレベルの名称を変更しました(令和2年2月10日)
* 提出いただく書類は、以下の * 提出書類 にまとめていますので、ご活用ください

文書

    

* 提出書類                                                                                                                                                                           
提出書類内容提出時期提出先
1a
データマネジメントに係る基本方針確認書
データマネジメントに係る基本方針と3つのデータポリシー(セキュリティ編、倫理編、利活用編)の確認後、サインまたは捺印のうえPDFを提出してください。初回の研究計画提出時iLDi拠点本部
データマネジメント担当
メール:
datamanage@ids.osaka-u.ac.jp
1b
データマネジメントプラン
研究で取得するデータのマネジメント方針を記載し、提出してください。
提出いただいた内容については、適宜協議を行い、拠点本部との合意版を作成します。
毎年の研究計画提出時
1-1b
セキュリティチェックリスト
データのセキュリティレベルに応じた安全対策の自己点検結果を提出してください。
提出いただいた内容について、必要に応じ助言・協議を行います。
倫理審査申請予定書類
倫理審査審査結果
承認済み書類一式
 被験者への説明同意文書の作成
 には、1-2a 説明文書・同意文
 書例 をご活用ください
倫理審査書類には、取得するデータのPLRプラットフォームでの活用についても明記することが必要です。
倫理審査書類提出前に、データガバナンス専門委員会への事前相談を行ってください。
審査後は、結果の提出をお願いします。
倫理審査申請前
及び、承認後
iLDi拠点本部
データガバナンス専門委員会
メール:
datagov@ids.osaka-u.ac.jp