ご挨拶

西尾 章治郎
拠点長
大阪大学総長

2018年9月、文部科学省が実施する2018年度「Society 5.0 実現化研究拠点支援事業」に大阪大学が申請した「ライフデザイン・イノベーション研究拠点」が全国で唯一採択されました。

大阪大学は、全国に先駆けて創設した大量のデータを有効活用した新たな研究スタイルを確立するために、学内実証フィールドの整備などに取り組むデータビリティフロンティア機構(平成28年4月設置)にライフデザイン・イノベーション拠点本部を設置しました。これにより、Society 5.0(超スマート社会)の実現に不可欠な情報科学技術等の実証拠点の形成を、さまざまな機関や団体、民間企業と連携して強力に推進して参ります。

さらに、企業が求めるデータの統合利活用ができる即戦力人材の育成、全研究分野を対象に世界の若手研究者から新たな研究を募り、ライフデザイン・イノベーションに資する研究開発に取り組みます。そして、本学の研究力向上に努めると共に、多様な社会課題を的確に捉え、解決に向けて組織全体のポテンシャルを統合して参ります。

いま、社会からは、複数の技術を組み合わせて社会実装を目指すことが大学には求められております。このような要請に的確に応え、より一層の豊かな社会生活実現に向けて全力を挙げて邁進致します。

拠点本部から

八木 康史
拠点本部長
大阪大学教授

本事業に対し大阪大学では、理化学研究所、大阪府、大阪市等の自治体、その他各企業と協働し、情報科学技術を基盤として、Society 5.0 実現に不可欠な技術等の実証拠点形成を目標と致します。

具体的には、「ライフデザイン・イノベーション研究拠点」として、生活の質(クオリティ・オブ・ライフ (QOL) )の維持・向上を目指した「ライフスタイル」研究、心と体の健康増進を目指した「ウェルネス」研究、楽しみと学びを実現する「エデュテインメント」研究を並行して推進することで、人と日常の健康・生活の関わりから、身体の健康、心の健康、社会的健康(コミュニケーション)、環境の健康を基軸にして輝く人生(高いQOL)をデザインし、様々な技術革新と社会経済環境の変革を大学から発信することを目指します。

本事業の事業期間は、平成30年度から平成34年度の5年間の予定です。事業開始から5年目にステージゲート評価を受け、承認を得ることで、事業期間をさらに最大5年間まで延長することができる予定です。

益々の皆様からのご指導ご鞭撻を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

研究の最前線にて

東野 輝夫
拠点副本部長
大阪大学教授

私どもの「ライフデザイン・イノベーション研究拠点」事業では、人々の医療・健康情報であるパーソナル・ヘルス・レコード (Personal Health Record : PHR) に、日常生活、職場/学校での活動、食事、スポーツ活動など、日常生活の様々な活動データを加えたパーソナル・ライフ・レコード (Personal Life Records : PLR) を新しく提案し、収集した日常活動データから疾病予知や予防、早期発見を目指した研究を実施します。

また、IoTを活用した参加型医療や個別のニーズに沿った医療の普及、健康と病気の間の「未病」状態の早期発見や改善、セキュアなPLR収集基盤構築による高度なAI機能の構築やAI機能を用いたインタラクティブな介入による生活の質の向上のための研究プロジェクトなどを並行して実施し、「若者、子育て世代、中高齢者が豊かで安心して生活できる新しい社会」の構築を目指します。

若手研究者を対象にPLRの収集・活用に関連した公募研究「グランドチャレンジ研究プロジェクト」も実施しますので、多くの方の参画をお願い申し上げます。

社会実装に向けて

小寺 秀俊
拠点副本部長
理化学研究所理事

政府が目指す超スマート社会 (Society 5.0) では、IoT (Internet of Things)、ロボット、人工知能 (AI)、ビッグデータ等の新技術を様々な産業や社会生活に取り入れ、その中で生まれるイノベーションから新たな価値を生み出すことで、誰もが快適で活力に満ち溢れた質の高い生活を送ることのできる社会の構築を目指しています。

本事業では、このような社会状況を踏まえ、若者、子育て世代、中高年が豊かで安心して生活できる社会の構築を念頭に、一般社会での社会実装の前段階において、大阪大学キャンパスや大学周辺地域をプレSociety 5.0の実証フィールドとして活用し、ライフデザイン・イノベーションに資するイノベーションの創出を推進します。

このような将来的な社会実装に備え、大阪大学の研究者らが中心となり、理化学研究所およびNECが中核機関として参加し、さまざまな機関や団体、民間企業等の皆様の協力を得て、PLR活用のための個人情報、プライバシ情報、セキュリティに配慮した情報システム基盤や人の多様なデータを獲得するための行動センシング基盤の構築に向けて、尽力して参る所存です。

皆様には今後ますますのご支援のほどを何卒よろしくお願い申し上げます。